日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

2021年09月24日 

日本GLPは9月24日、神奈川県相模原市で延床面積33万1343.48m2の先進的物流施設「GLP ALFALINK 相模原 1」を竣工した。

<「GLP ALFALINK 相模原 1」俯瞰>
20210924glp1 520x301 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<巨大なALFALINKのモニュメント>
20210924glp2 520x347 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<庫内>
20210924glp3 520x347 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<中央車路も特徴的、トラックバースは片側は半分に>
20210924glp4 520x347 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<冷凍冷蔵庫の部分。これから本格的工事が始まる段階>
20210924glp99 520x362 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

「GLP ALFALINK 相模原」は延床面積約67万3437m2、敷地面積約29万4455m2と関東最大級の規模を有する大規模多機能型施設「ALFALINK」プロジェクトとして2020年に着工し、2023年にプロジェクト全体の4棟が完成する予定だ。

竣工した「GLP ALFALINK 相模原 1」はその第1棟目であり、地上6階建て(一部)共用棟のリングと合わせてプロジェクト最大の延床面積を有する。「GLP ALFALINK 相模原 1」にはギオン、佐川急便、西濃運輸、など10社以上の入居が決定している。

「GLP ALFALINK 相模原 1」施設内の5階部分に設けたターミナル区画には、佐川急便および西濃運輸の入居が決定している。入居する佐川急便においては ALFALINK のテナント企業には、従来のカットオフタイムよりも遅い時間で集荷時間を設定できるため、EC企業などにとっては利便性、出荷・集荷の効率が向上する。加えて西濃運輸でもターミナル区画を利用する顧客には、従来よりも遅い時間での出荷や、早い時間帯での配達に対応できるメリットがあり、入居企業からの出荷も期待できるとしている。

また、施設の1階部分に予め冷凍冷蔵設備を備えた倉庫スペースを整備しており、総合物流企業のギオンが入居し、冷凍・冷蔵・常温の3温度帯に対応した拠点として利用する。

<GLP ALFALINK 相模原の中心部に共用棟「リング」>
20210924glp5 520x347 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<コンビニ完成イメージ>
20210924glp6 520x302 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

<託児所完成イメージ>
20210924glp7 520x293 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

「GLP ALFALINK 相模原 1」は Open Hub のコンセプトのもと、施設で働く人々に加え地域の人々にも利用できるように、敷地中央に、環状にデザインされた直径約90mの共用棟「リング」が開設され、カフェ、コンビニ、レストラン、カンファレンスルーム、託児所、シャワールームが入り、多目的コートも開設する。歩廊及びペデストリアンデッキで全棟をつなぐことにより、歩車分離し、快適で安全な移動が可能だ。また、「つなぐ」ことで人々の交流、ビジネスの創出を促し、地域にとって開かれた物流施設を目指す。

さらに働く人が健康で快適に仕事ができるようなサポートを実施する。健康な食事の提供、メンタルサポートをする環境の整備、交流をするイベントの実施などを通して働く人が身体的、精神的、社会的に良好である環境を与える様々な機能を持つ建物であることが評価され、このたび日本の物流施設で初めてWELLの予備認証を取得した。

コンセプトの2つ目、Integrated Chain では、サプライチェーンの全て(商品企画から配送)を一か所に統合することを可能にする。ターミナル機能を設け、複数企業のオペレーション連携を促進し、効率化を図る。また、工場用途や冷凍冷蔵に対応した区画を整備することにより、入居企業のサプライチェーンの統合をサポートする。

<顔認証システム付セキュリティゲート>
20210924glp8 520x390 - 日本GLP/神奈川県相模原市に33.1万m2の「ALFALINK」を竣工

3つ目のコンセプト、Shared Solution では、グループ会社であるモノフルと協業して施設専用アプリを開発し、顔認証システムによる入館、共用施設の予約、レストランでの注文・決済、敷地内カメラ映像のライブ配信、専用シャトルバス運行状況の可視化、災害情報の配信機能を備え、施設の IoT 化の実現や就業者の更なる安心・安全・快適な環境を提供する。

なお、政令指定都市である相模原市は人口72万人を抱え、若年層の人口が増加傾向にあり、雇用の確保が容易。またリニア中央新幹線の開通により今後の発展が期待されている。

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 相模原 1」
所在地:神奈川県相模原市中央区田名字赤坂 3700-1
敷地面積:13万6660.85m2
延床面積:33万1343.48m2
構造:地上5階一部6階建て、免震・鉄筋コンクリート造
着工:2020年2月
竣工:2021年8月
認証取得:LEED ゴールド(予定)、WELL 認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集