佐川急便/JR西日本・九州と新幹線での貨客混載輸送検討

2021年09月24日 

佐川急便、JR西日本、JR九州の3社は9月24日、受託した荷物を山陽・九州新幹線で運ぶ貨客混載輸送の事業化に向けた検討を開始すると発表した。

<検討中のスキーム>
20210924sagawa 520x107 - 佐川急便/JR西日本・九州と新幹線での貨客混載輸送検討

検討中のスキームでは、佐川急便の荷物を山陽・九州新幹線の車内販売準備スペースに設置して輸送する。駅間輸送は、JR九州区間(鹿児島中央~博多)はJR九州グループが、JR西日本区間(博多~新大阪)はJR西日本グループが請け負う。また、集荷先から駅まで、駅から配達先までの輸送は佐川急便が請け負う。

定時性・速達性・ネットワーク性等の高さを生かした鉄道輸送によって、新しい価値の創出を目指す。

なお、3社は同貨客混載輸送について、10月1日に鹿児島中央駅から新大阪駅に活車海老を輸送する実証実験を行う予定。

■実証実験の概要
日時:10月1日(金)
輸送区間:串木野港~鹿児島中央駅~新大阪駅~「味処 炭味家(大阪市福島区)」
輸送列車:「みずほ604号」鹿児島中央駅8:50発→新大阪駅12:38着

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集