東京ロジファクトリー/神奈川県厚木市に新物流センター開設

2021年09月27日 

東京ロジファクトリーは、神奈川県厚木市で「厚木第3物流センター」を2022年1月に稼働させる。

<厚木第3物流センター(ロジクロス厚木II)>
20210927tokyologi 520x403 - 東京ロジファクトリー/神奈川県厚木市に新物流センター開設

<庫内>
20210927tokyologi1 520x345 - 東京ロジファクトリー/神奈川県厚木市に新物流センター開設

同センターは、三菱地所が開発した「ロジクロス厚木II」のうち6610m2を、借主である日本通運から賃借して開設。主にドライの加工食品、包材を取扱い、神奈川県を中心とした首都圏への店舗向けに商品発送の仕分けを行う計画だ。

圏央道「相模原愛川IC」や国道129号線から至近で、近年物流施設の開発が続く神奈川県内陸工業団地と道路を隔てて隣接した立地。1km圏内には既存拠点の圏央相模物流センターと厚木物流センターが位置している。

東京ロジファクトリーは、東京・神奈川・埼玉の圏央道・国道16号沿線に物流施設をドミナント展開しており、荷物の繁閑差を考慮して拠点間で人手と配送を効率化している。

■東京ロジファクトリー 厚木第3物流センター 概要
所在地:神奈川県厚木市上依知1403(ロジクロス厚木II内)
交通:圏央道「相模原愛川IC」約2.3km
敷地面積:1万7300m2
倉庫面積:6610m2
規模:S造4階建
稼働開始:2022年1月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集