丸全電産ロジステック/長野・伊那倉庫営業所で新倉庫棟竣工

2021年09月27日 

丸全昭和運輸は9月27日、グループの丸全電産ロジステックが長野県上伊那郡南箕輪村で建設を進めていた「伊那倉庫営業所2号棟」を竣工したと発表した。

<丸全電産ロジステック 伊那倉庫営業所2号棟>
20210927maruzen 520x390 - 丸全電産ロジステック/長野・伊那倉庫営業所で新倉庫棟竣工

新倉庫では、日本電産サンキョーの工場で使用するロボット部品や、伊那倉庫営業所に併設された重機運輸部門で取り扱う工場設備などを保管する。

建屋では、トラックバースに奥行10mの庇を設けたほか、ドックレベラーを2基設置。庫内には搬送設備として天井クレーンとエレベーターを各2基導入している。

■丸全電産ロジステック 伊那倉庫営業所2号棟の概要
所在地:長野県上伊那郡南箕輪村北原1634
構造:鉄骨平屋建て(一部2階)鋼板二重折板葺き
敷地面積:1万2232m2
延床面積:7086m2(営業倉庫部分:1階4074m2、2階2337m2)
設備:長庇10m、天井クレーン(10トン、5トン)、エレベーター2基、ドックレベラー2基
竣工:9月22日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集