日通/上海発大阪・神戸向け混載サービス「関西特快」販売開始

2021年09月27日 

日本通運は9月27日、中国の現地法人上海通運国際物流が、上海発大阪・神戸向けにスピードと定時性に優れた特徴を持つ高速フェリーを利用した自社混載サービス「関西特快」を9月18日出航分から販売開始したと発表した。

<「関西特快」の概要図>
20210927nittsu - 日通/上海発大阪・神戸向け混載サービス「関西特快」販売開始

上海浦東空港の防疫体制強化により航空会社のフライトキャンセルが相次ぐ中、航空便の利用が困難な状況が発生している。また上海港からのコンテナ船も、港の混雑によりスケジュール遅延が顕著になっている。このような状況の中、スピードと定時性に優れたLCL(小口混載)商品のニーズが高まっており、BCP対応ソリューションとして上海CFSから大阪・神戸CFSを5日間で結ぶ、高速フェリーを利用した自社混載便のサービス「関西特快」を開発したもの。

サービスの特徴として、上海CFS~大阪・神戸CFSまで最速5日間で輸送のスピード性、高速フェリーを利用し、安定したスケジュールで運行する定時性、日本通運グループによる発着一貫輸送体制で、安全性を備えた高品質な輸送サービスを挙げている。

なお、週2便(本船、新鑑真・蘇州号を利用)の運航としている。

■発着CFS
上海CFS:上海通運国際物流 港城路ロジスティクスセンター
上海市浦東新区港城路 1728 号
大阪CFS:日本通運 大阪国際輸送支店 南港国際物流センター
大阪市住之江区南港中 8-7-21(L-7)
神戸CFS:日本通運 神戸支店 ポートアイランド事業所
神戸市中央区港島 4-3(L-2)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集