SBS東芝ロジ/画像一括検品システムを開発、検品生産性2倍に

2021年10月14日 
関連キーワード:

SBS東芝ロジスティクスは10月14日、画像一括検品システムを開発し、南関東支店(神奈川県川崎市)の物流センター業務で同1日から運用を開始したと発表した。

<(従来)ハンディターミナルで全商品のJANコードをスキャン>
20211014sbs 520x389 - SBS東芝ロジ/画像一括検品システムを開発、検品生産性2倍に

<(新システム)トレー単位での一括検品が可能に>
20211014sbs1 520x232 - SBS東芝ロジ/画像一括検品システムを開発、検品生産性2倍に

新たに開発したシステムでは、検品トレーに載せた複数商品のバーコードを一括で読取って検品を行うことができる。

従来、同社の物流センター業務での小物商品の入荷検品作業では、一品ごとにハンディターミナルで商品のJANコードをスキャンしていたが、作業者の習熟度によって作業工数のバラつきやスキャン漏れなどが課題となっていた。

南関東支店では、新システムを導入したことでこれらの課題を解消したほか、人時生産性を従来比2倍に向上させることに成功した。今後は、同社の他拠点にも導入を拡大していく予定。

なお、新システムではバーコードの読取り率を向上させるために独自の検品台を開発。検品台上のトレーに動的に傾斜を加えることで、シュリンク包装された商品のハレーションを抑え、バーコードの読み取り不良を削減したことで、読取り精度を99%まで向上させることに成功した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集