関通/本社機能を3拠点に分散移転、本店所在地も変更

2021年10月14日 

関通は10月14日、本店所在地と本社機能事務所を移転すると発表した。

同社では事業の拡大に伴い本社機能の人員を強化しており、加えて、従業員の通勤および顧客が来社する際の利便性を考慮した結果、本社機能を持つ事務所を梅田オフィス(大阪市北区)、関西支社(兵庫県尼崎市)、本社兼長田オフィス(大阪府東大阪市)の3拠点に分散移転することとした。

このうち、登記上の本店所在地は本社兼長田オフィスがある大阪府東大阪市に変更する。

本社機能事務所の移転は2022年1月1日までに順次実施。本店所在地は同日付で変更となる。

■変更後の本店所在地
〒577-0012
大阪府東大阪市長田東3-3-32 東洋交易ビル

■本社機能事務所の移転先
「梅田オフィス」
〒530-0011
大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 8階
WeWork LINKS UMEDA内(現大阪支社)

「関西支社」
〒660-0857
兵庫県尼崎市西向島町111ー4

「本社兼長田オフィス」
〒577-0012
大阪府東大阪市長田東3-3-32 東洋交易ビル

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集