JR貨物/上半期輸送動向、コロナと大雨でコンテナ貨物減少

2021年10月15日 

JR貨物が10月15日に発表した2021年度上半期の輸送動向によると、コンテナ貨物は896万8000トン(0.1%減)、車扱は348万1000トン(0.7%増)で、合計1245万トン(0.1%増)となった。

コンテナは、新型コロナウイルスに伴う需要低迷に加えて、8月中旬の大雨で山陽線等が9月初旬まで不通となった影響を受け、わずかに前年を下回った。

前年同期を下回った品目では、食料工業品が飲料等を中心に飲食店の営業制限等により減送となったほか、農産品・青果物が北海道地区の干ばつに伴う作柄不良により低調となった。エコ関連物資は建設発生土の輸送が7月半ばに終了したため前年を下回った。

一方で、前年同期を上回った品目では、積合せ貨物が3月からのブロックトレイン運転開始等によって増送となったほか、紙・パルプが前年の大幅な減産と災害影響の反動で前年を上回った。

車扱は、春先の気温が高く推移したことで灯油が発送減となった一方、セメント・石灰石等が堅調に推移し前年を上回った。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集