QBIT Robo/ロボット化館内配送集荷サービスのパートナー募集

2021年10月18日 
関連キーワード:

QBIT Roboticsは10月31日まで、「ロボット化館内配送集荷サービス」の事業化に向けて、パートナーとなるビル館内配送業者を募集している。

<「城山トラストタワー」での実証実験の全体像>
202010601qbit1 520x290 - QBIT Robo/ロボット化館内配送集荷サービスのパートナー募集

<実証実験の様子>
202010601qbit3 520x208 - QBIT Robo/ロボット化館内配送集荷サービスのパートナー募集

QBIT Roboticsは、6月2日から1か月間、森トラスト城山トラストタワーで異種複数台の自動搬送ロボットとロボットアームを用いた館内配送集荷サービスの実証実験を実施した。(参考:https://www.qbit-robotics.jp/post/20210601_001

<ロボットによる館内配送集荷サービスの運用フロー>
202010601qbit2 1 520x297 - QBIT Robo/ロボット化館内配送集荷サービスのパートナー募集

この実証実験の結果により、特にビル全体規模での配送・集荷に必要なロボット数やエレベータ性能等を実証実験データを基にシミュレーションで導出し、コスト試算が可能になったため、このたび、より実用化に向けた共同製品サービス化及び事業化に向けてのパートナーとして、ビル館内配送業者を募集することになった。

今後事業化を具体化していくためには、既にビル内館内配送事業者の経験とノウハウが必要不可欠であると考え、このたびの応募に至った。

製品サービス化や今後の事業化への具体的な内容については、採択パートナーと詰める方針。

この実験に協力した、森トラスト、佐川急便、西濃運輸をはじめ、不動産関係者、物流関係者、大手ゼネコン、大手SIer、大手商業施設等からも今後実証と事業化に対して、大きな関心と期待を得ている。

■参加申し込みおよび問い合わせ先
QBIT Robotics
info@qbit-robotics.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集