JMU/次世代省エネ型バルクキャリア「FIRST PENGUIN」引渡し

2021年10月21日 

ジャパン マリンユナイテッド(JMU)は10月21日、三重県津市の津事業所で建造していた次世代省エネ型バルクキャリア(G208BC)「FIRST PENGUIN」(ファースト ペンギン)を引渡した。

<FIRST PENGUIN>
20211021jmu 520x333 - JMU/次世代省エネ型バルクキャリア「FIRST PENGUIN」引渡し
 
この船は鉄鉱石/石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカーとして17隻を引渡した20万DWT型省エネ船(G-Series 209BC)に続く、新構造規則適用版(G-Series 208BC)の11番船。

特徴では、SOxスクラバーを搭載しており、昨年1月1日から一部指定海域を除いた一般海域へ適用されるSOx(硫黄酸化物)排出規制に適合している。

■概要
名称:FIRST PENGUIN
主要寸法:全長299.99m x 幅50.00m x 深さ25.0m x 喫水18.40m
載貨重量:20万8772トン
総トン数:10万7450
主機関:MAN-B&W 7S65ME-C8.5 ディーゼル機関1基
航海速力:14.50ノット
定員:25名
船級:NK
船籍:パナマ

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集