日通/大阪空港貨物センターで設備刷新、仕分能力1.6倍に

2021年10月28日 

日本通運は10月28日、大阪空港貨物センターの自動仕分け機を刷新し、同22日に稼働させたと発表した。

<クロスベルトソーターを導入した自動仕分機>
20211028nittsu 520x346 - 日通/大阪空港貨物センターで設備刷新、仕分能力1.6倍に

大阪空港貨物センターは西日本エリアでの国内航空貨物のゲートウェイで、日通の国内航空貨物ネットワークのハブ拠点として稼働している。

新たな自動仕分け機はクロスベルト方式で、毎時1万2000個の仕分け能力(従来は7500個)を有する。

最新の自動仕分け機を導入することで、処理能力を向上させるともに多品種かつ繊細な貨物の取扱いを可能とし、さらなる効率化、品質向上を実現する。また、仕分け作業の省人・省力化を図り、労働環境の改善と労働時間短縮をより一層推進する。

同社では、今後も最新の自動仕分け機を最大限活用し、緊急輸送が求められる国内航空貨物でより一層スピーディーかつ高品質な輸送サービスを提供していく方針。

<安全祈願でスピーチをする大阪航空支店 早瀨支店長>
20211028nittsu1 520x347 - 日通/大阪空港貨物センターで設備刷新、仕分能力1.6倍に

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集