ヤマトHD/人工衛星用推進機開発のスタートアップに出資

2021年10月28日 

ヤマトホールディングスは10月28日、「KURONEKO Innovation Fund」を通じて、水を燃料に用いた超小型衛星用の推進機(人工衛星におけるエンジン)を開発するPale Blueに出資を実行したと発表した。

<Pale Blue社ロゴ>
20211028yamato 520x178 - ヤマトHD/人工衛星用推進機開発のスタートアップに出資

Pale Blueは東京大学発のスタートアップ。水を燃料に用いた超小型衛星用推進機の技術を軸とした小型衛星事業を手がけており、東京大学で開発したイオンエンジンの技術をベースに、水を燃料に用いた超小型衛星用の推進機を開発している。

同推進機は、究極のクリーン燃料である水を使うことで宇宙環境や作業者の安全も考慮した製品。すでに、JAXAの革新的衛星技術実証3号機への実証機器搭載など複数の宇宙実証プロジェクトが進んでおり、今後さらに研究開発を進めていく予定だ。

ヤマトホールディングスは「KURONEKO Innovation Fund」のポートフォリオにPale Blueを組み入れることで、ロケットや人工衛星のキーコンポーネントである推進機の進化から、今後の宇宙産業に対する知見を深め、新たなビジネスの可能性を探索していく狙い。

■Pale Blue 会社概要
設立:2020年4月
所在地:千葉県柏市柏の葉5-4-6 東葛テクノプラザ610号室
事業内容:宇宙機及び推進機の研究、設計、試験、製造、及び運用
WEBサイト:https://pale-blue.co.jp/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集