LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ロジザード/タイで物流に関するアプリ開発コンテスト開催

2021年11月08日/国際

ロジザードは11月8日、タイ王国の物流に係る人材育成に貢献するために泰日工業大学の在学生を対象に、 物流に関するアプリ開発コンテストを開催すると発表した。

<泰日工業大学と協賛企業ロゴ>
20211108logizard 520x323 - ロジザード/タイで物流に関するアプリ開発コンテスト開催

ロジザードは、これまでにも東南アジアに展開する日系企業を在庫管理の側面で支援するためにクラウドWMS「LogizardZERO(ロジザードZEROの海外提供版)」を提供しており、タイ王国での需要の高まりに応えて2018年10月にはタイ語対応を開始していた。

このほど、製造業やIT産業に適応した人材育成に定評のある泰日工業大学に、若い学生が今後さらに成長が見込まれる物流分野に関心を持ってもらうキッカケを提供したいという同社の想いに共感してもらい、コンテストを開催することとなったもの。

今回の開催にあたっては、同社のタイ国内における現地代理店であり20年以上に渡りタイ王国国内の日系企業をIT面で支えてきたM.SOFT (Thailand) Co., Ltd.に全面的な協力を得ている。

このアプリ開発コンテストでは、普段生活する上ではあまり意識しない「物流」について改めて考える機会を与え、身の回りにある「物流」の課題に着目し、それらを改善するアイディアをアプリという形で実現してもらう。

なお、泰日工業大学 (TNI) は、 「学問を発展させ、 産業の振興に寄与し、経済・社会に貢献する」を建学理念として2007年6月に開学。タイ産業界で需要の高い分野(特に自動車、電機・電子、ICT、生産技術)を重視し、日本のものづくりに直結する実務的かつ実践的な技術と知識を兼ね備えた人材を育成している。同大学から輩出された優秀な人材は、多くの日系企業で採用され、現在も第一線で活躍している。

■概要
コンテスト名:Logistic Intelligence Application Contest
テーマ:物流に関わる課題を解決するアプリケーション
開催期間:
 エントリー期間:2021年11月8日~11月23日
 オリエンテーション開催日:2021年11月24日
 最終報告及び結果発表日:2022年3月16日
応募資格:泰日工業大学に在学中の学生の個人またはチーム
審査方法:アプリケーション開発及び物流に関わるプロフェッショナルによる審査
表彰内容:最優秀賞 1組/優秀賞 2組
主催:泰日工業大学(Thai-Nichi Institute of Technology)
協賛:ロジザード、M.SOFT (Thailand) Co., Ltd.

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース