キムラユニティー/官民共創で防災訓練システム構築へ

2021年11月30日 
関連キーワード:

キムラユニティーは11月30日、官民共創による地域の有事シミュレーション(防災訓練等)システム構築の実証実験に着手したと発表した。

同社は、基本方針として「地域社会発展への貢献」を掲げている。140年にわたり同社が物流業界で培ってきた人員配置に関する経験値は、近年多発している大型災害時における住民の適切な避難場所へ誘導できるなど、減災に向けた環境整備に生かせることから、同社の経験を集積した社内開発システムを応用し、自治体の意見を取り入れた官民共創の有事シミュレーション(防災訓練等)システム構築の実証実験に協力していく。

これを実現するため、課題解決型の官民共創マッチングプラットフォーム「逆プロポ」を活用し、減災に関する社会課題の解決に取り組む。

「逆プロポ」は、ソーシャル・エックスが提供するWebシステム。企業が「関心のある社会課題」を提示し、自治体がその課題に対する「解決のアイデア」を提案する、従来の公募プロポーザルや入札のベクトルを逆転させた画期的な社会課題解決、官民共創プログラム。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集