LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本ミシュラン/商用車用タイヤの点検作業をDX化

2021年12月01日/IT・機器

日本ミシュランタイヤは12月1日、タイヤ点検とレポーティングのプロセスを効率化するデジタルソリューション「MICHELIN Tire Care(ミシュランタイヤケア)」を12月16日から提供開始すると発表した。

<ミシュランタイヤケア>
20211201Michelin 520x238 - 日本ミシュラン/商用車用タイヤの点検作業をDX化

ミシュランタイヤケアは、測定機器とアプリケーションを使用してタイヤ点検を実施し、自動作成される点検レポートからメンテナンス時期などを予測することにより、タイヤマネージメントを可視化するサービス。

これまで手動で行われてきたタイヤ点検とレポーティングがDX化されることで、運輸事業者はメンテナンスの予測が可能となり、タイヤ点検作業の省力化、タイヤ起因によるトラブルの未然防止、タイヤ使用本数の最適化を図ることができる。

ドライバーのみならず、車両整備士も深刻な人手不足が問題となっている運輸事業者にとって、ミシュランタイヤケアを利用することで、生産性を拡大し、安全性と収益性の向上につなげることが可能となる。

日本ミシュランタイヤの須藤元社長は「ミシュランは、タイヤとタイヤに関連するサービスで生産性の拡大に貢献することを責務と考え、デジタルソリューションの開発に取り組んでいる。今回、提供を開始するミシュランタイヤケアは、タイヤマネージメントのプロセスをDX化することで、就労人口減少が深刻な状況にある運輸業界の課題解決に貢献するもの。顧客中心主義を理念とするミシュランは、今後も社会と顧客に新しいソリューションを提案していく」とコメントしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース