ZMP/物流支援ロボットCarriRoのGTP型ソリューション発表

2021年12月02日 
関連キーワード:

ZMPは12月2日、「物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)」のGTP(Goods to Person、棚搬送型)ソリューションを発表した。

<CarriRoシリーズを活用したGTPソリューションイメージ>
20211202zmp 520x364 - ZMP/物流支援ロボットCarriRoのGTP型ソリューション発表

このソリューションでは、CarriRoの専用パレット台車への自動潜り込み・切り離し機能を活用。専用パレット台車に商品棚を増設し、クラウド制御システム「ROBO-HI(ロボハイ)」を使うことにより自動制御で保管エリアのCarriRoを所定の専用棚へ潜り込ませ、ピッキングエリアへ呼び出し、ピッキング後は所定の位置に専用棚を戻し、切り離す。

CarriRoの高い柔軟性や低コストの特徴を生かしつつ、従来のGTPの搬送ロボットのような使い方が可能となるため、既存設備でも導入しやすい自動化・省人化のためのソリューションとなっている。

また、ピッキングの前後工程である入出荷でも、パレットやピッキングされた商品が積載された台車をCarriRoで自動搬送することで、入荷からピッキング、出荷までの一連の工程を自動化することができる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集