日立製作所/ドローン空撮とAI画像認識で原料ヤードの在庫を管理

2021年12月02日 

日立製作所は12月2日、電力事業者や製鉄事業者など向けに、鉄鉱石などの原料を船から荷揚げし山積み保管する原料ヤードで、ドローンを活用して高効率な在庫管理を支援するクラウドサービスの提供を開始した。

<ドローン活用による空撮データの収集・解析・可視化のイメージ>
20211202hitachi 520x212 - 日立製作所/ドローン空撮とAI画像認識で原料ヤードの在庫を管理

同サービスは、ドローンの空撮で現場状況をタイムリーに収集し、クラウド基盤上に蓄積、AI画像認識技術を用いて原料のパイル(山)を解析、可視化するなど、現場の在庫状況を効率的に把握し、余剰在庫の削減といった適正な在庫管理に向けてワンストップで支援するもの。

数cm単位での解像度でパイルごとに在庫量・空きスペース・形状などの在庫情報を自動解析するほか、解析結果を業務データとして活用できる形式で出力・表示することで、関係者間の円滑な情報共有を可能にするなど、広大な原料ヤードの在庫管理に要する業務負荷を軽減できるなど、業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)に寄与する。

<パイルの在庫量や空きスペースなどの自動識別・計測>
20211202hitachi1 520x192 - 日立製作所/ドローン空撮とAI画像認識で原料ヤードの在庫を管理

今後、日立製作所では、データ解析機能の拡充といったサービスの強化を図り、現場のさらなる作業効率や安全性の向上に貢献。また、適正な原料ヤードの在庫管理によって原料輸送のための配船計画を最適化することで、物流に伴うCO2排出量や環境負荷の低減にも寄与していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集