LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日通/スタートアップ企業と共創の取り組み開始

2021年12月16日/3PL・物流企業

  • 関連キーワード
  • 日通

日通/スタートアップ企業と共創の取り組み開始

日本通運は12月16日、2022年1月より、オープンイノベーションを目的として、3社のベンチャーキャピタルファンド、SBIインベストメント、ANOBAKA、DRONE FUNDへ出資し、スタートアップ企業との共創の取り組みを開始したと発表した。

同社グループは中長期の成長に向けて 「新たな価値創造」を目指し、新しい事業・サービスモデルを探索してきたが、外部の新興企業の新しい事業アイデアや技術を同社グループに取り入れるため、「ベンチャー共創チーム」を社内に 設置するとともに、3社のVCファンドへ出資するもの。

出資および、「ベンチャー共創チーム」を通じた取り組みにより、同社グループ企業と全従業員が様々なスタートアップ企業との共創を推進し、中期的にはその活動を強化する形で、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の設立も検討していく。

■ベンチャー共創チーム概要
名称:日本通運事業開発部 ベンチャー共創チーム
人員数:3名(同社部門と事業会社に共創サポーターを別途配置予定)
活動内容:スタートアップ企業の発掘、共創仮説の立案、共創への伴走

■VCファンド運営会社概要
SBI インベストメント
会社概要:1996年設立。 SBIホールディングス東証一部上場のベンチャーキャピタル子会社。同社が事業会社と共同で設立したCVCファンドの出資約束金額(累計)は国内最大級の1000億円超の実績を誇る。
出資先
SBI 4 +5 ファンド (ファンドサイズ 約1000億円)

ANOBAKA
会社概要:2015年設立。 KLab(東証一部上場) よりMBOにより独立し、シード特化型ファンドとして活動。“Empowering Mad をビジョンとしてシード期のスタートアップを対象としたベンチャーキャピタルのファンドを運営。「チャレンジ」を至高の概念とし、起業家に勇気を与え、夢を実現させるプロフェッショナルファーム。
出資先:ANOBAKA3号 ファンド ファンドサイズ 約60億円

DRONE FUND
会社概要:2017年設立。「ドローン・エアモビリティ前提社会」を目指し、ドローン・エアモビリティ関連のスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタル。3号ファンドは、ドローン・エアモビリティおよびその社会実装に資するテクノロジーへ幅広く投資を展開。
出資先:DRONE FUND3号ファンド ファンドサイズ 約100億円

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース