アマゾン/日本初、入国者向けロッカーを羽田空港に設置

2022年01月13日 
関連キーワード:

アマゾンは1月13日、日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルとのパートナーシップのもと、羽田空港第3ターミナルにAmazon ロッカーを設置し、サービスを開始した、と発表した。

<Amazon ロッカー>
20220113amazon1 520x300 - アマゾン/日本初、入国者向けロッカーを羽田空港に設置

Amazonロッカーの設置により、海外から入国し、宿泊施設での隔離を要請される人々がAmazon.co.jpで注文した商品を、入国時に受け取りが可能となった。

現在、海外から日本に入国する場合、日本政府が定める規定による予防措置として、日本国の指定する国・地域から来日する人々に対して、宿泊施設で待機する等の隔離措置が講じられている。この羽田空港へのロッカー設置は、日本に入国し、検疫所が確保する施設で待機予定の人々に、施設に向かう前にAmazonで注文した商品を非接触のかたちで届けることを目的としている。

羽田空港第3ターミナルに設置したAmazonロッカーで商品の受け取りを希望する顧客は、Amazon.co.jpより商品を注文し、受取先を空港内のロッカーに設定できる。ロッカーの名前は、「Sun」「Mercury」「Mars」で、羽田空港内の同じ場所に設置されている。ロッカーへの配達が完了すると、顧客に受け取り準備完了の通知メールが送信されるので、空港到着後、メールの「ピックアップを開始」をクリックして進めるとロッカーが遠隔で開き、商品を受け取ることができる。

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス事業本部のアヴァニシュ・ ナライン・シング事業本部長は、「日本全国、数千か所に、Amazonロッカーを設置し、顧客に便利で安全かつシームレスな受け取り体験を提供している。羽田空港にロッカーを3台設置することで、入国者は隔離期間前に注文した物資を便利に受け取ることができるようになる。今後も、Amazonロッカーのネットワークを日本全国に拡大し、顧客に迅速かつシンプルで安全な商品の受け取り方法を提供していく中で、より多くの企業と協働できることを楽しみにしている」とコメント。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集