LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/横浜内陸の12.6万m2「DPL横浜戸塚」で現地内覧会

2022年01月28日/セミナー

大和ハウス工業は2月21・22日の2日間、横浜市戸塚区で3月に竣工予定のマルチテナント型物流施設「DPL横浜戸塚」の内覧会を実施する。

<北東(川沿い)からの完成イメージ>
20220128daiwa 520x293 - 大和ハウス/横浜内陸の12.6万m2「DPL横浜戸塚」で現地内覧会

「DPL横浜戸塚」は、横浜新道「上矢部IC」から4km、横須賀横浜道路「日野IC」から4.5kmに位置し、このエリアの大規模賃貸倉庫として希少な物件。敷地面積5万6373.23m2、延床面積12万6155.78m2の施設で、3月の竣工を予定している。

計画地西側には圏央道延伸に伴い「(仮称)戸塚IC」の開通も予定されており、人口密集地の横浜内陸を含む首都圏向け配送拠点や圏央道を活用した広域配送拠点としての利用が見込まれる。

建物は2基のランプウェイによる各階接車が可能な中央車路タイプの設計としており、免震構造のRC+S造の地上4階建て。

テナントは1社(全棟)から最大16社まで入居可能。周辺環境との調和をキーワードに外壁面のデザイン、柏尾川遊歩道へ繋がる屋外デッキを備え施設内にはテナント従業員のための保育施設を完備するほか、地域住民も利用可能なカフェテリアやコンビニエンスストア・ドライバーステーションも設置する。

<詳細MAP>
20220128daiwa1 520x367 - 大和ハウス/横浜内陸の12.6万m2「DPL横浜戸塚」で現地内覧会

■「DPL横浜戸塚」概要
建設地:横浜市戸塚区戸塚町775
敷地面積:5万6373.23m2
延床面積:12万6155.78m2
構造:地上4階建て/RC+S造
床荷重:1.5t/m2
駐車場:乗用車311台、トラック待機場7台
竣工時期:2022年3月末(予定)
取引態様:仲介
●物件詳細はこちらから

■現地内覧会 開催概要
日時:2月21日(月)、22日(火) 各日11:00~12:00/14:00~15:00の計4回
会場:DPL横浜戸塚(横浜市戸塚区戸塚町775)
アクセス:横浜新道「上矢部IC」4km、横浜横須賀道路「日野IC」4.5km
参加費:無料(事前申込制)
対象:物流会社、荷主、物流企業関係者、その他物流に携わる方

■申し込み・問い合わせ先
大和ハウス工業 東京本店建築事業部(担当:吉澤・中村)
〒102-8112 東京都千代田区飯田橋3ー13ー1
MAIL(吉澤):m00369861@daiwahouse.jp
TEL:03-5214-2200

●大和ハウス工業が開発するマルチテナント型物流施設
https://www.daiwahouse.co.jp/business/logistics/dpl.html?ad=btblogi200602

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース