LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東芝/石川県能美市にパワー半導体部材の新工場建設

2022年02月04日/生産

東芝デバイス&ストレージは2月4日、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)構内に、パワー半導体生産のための300mmウエハー対応製造棟を建設すると発表した。

<新製造棟の完成イメージ図(右下の建物)>
20220204toshiba 520x232 - 東芝/石川県能美市にパワー半導体部材の新工場建設

建設は、市場動向を見極めながら最適な生産スペースを確保するという観点から、2期に分ける計画。今回は第1期分を建設し、2024年度内の稼働開始を予定している。

第1期分のフル稼働時には、パワー半導体の生産能力を2021年度比で2.5倍に増強する計画で、新製造棟の具体的な設備導入・生産開始の時期、生産能力、生産計画などについては、市場の動向を見ながら順次決定・実行していくとしている。

電力を供給・制御する役目を果たすパワー半導体は、あらゆる電気機器の省エネルギー化やカーボンニュートラル実現に不可欠なデバイスであり、自動車の電動化や産業機器の自動化などを背景に、今後も継続的な需要拡大が見込まれている。

■新製造棟の概要
着工:2023年春(予定)
建物完成(第1期):2024年春(予定)
稼働開始(第1期):2024年度内(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース