LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ロジランド/埼玉県春日部市の物流施設2件目も竣工前に満床

2022年03月07日/物流施設

ロジランドは3月7日、埼玉県春日部市で開発する案件で2件目となる物流施設「LOGI LAND春日部Ⅱ」で、角川流通倉庫と1棟貸しの賃貸借予約契約を締結したと発表した。

<「LOGI LAND春日部Ⅱ」外観完成イメージ>
20220302logiland1 1 520x351 - ロジランド/埼玉県春日部市の物流施設2件目も竣工前に満床

<位置図>
20220302logiland2 1 520x390 - ロジランド/埼玉県春日部市の物流施設2件目も竣工前に満床

角川流通倉庫は新拠点である「LOGI LAND春日部Ⅱ」において、ロジランドと協力し、最新型のマテハンの導入による倉庫の省人化と自動化を図り、新たな需要を取り込む最新技術のモデル拠点として展開する予定だ。

「LOGI LAND春日部Ⅱ」は東武アーバンパークライン「藤の牛島」駅約1.4㎞と、国道16号線と4号線の交差するエリアに位置し、東北自動車道「岩槻」I.C及び常磐自動車道「柏」I.Cからもアクセス可能。宅配便主要ターミナルも近いことから、E-コマースの物流拠点としても需要が高いエリアであり、また、周辺には住宅地も多く、従業員確保にも優位なため、物流拠点としてポテンシャルが非常に高い立地である。

「LOGI LAND春日部Ⅱ」は、床荷重1.5t/m2、梁下天井有効高5.5m、柱スパン10m以上を確保し、環境配慮から全館LED照明を採用。また、BCP対策として、浸水リスクを低減するために電気設備の架台を引き上げた上、停電時に倉庫機能の一部をカバーするための非常用発電機を採用している。なお、竣工は2022年6月末を予定している。

なお、引き続きロジランドは、コンセプトの一つであるテナントに寄り添った使い勝手の良い物流施設を、最適地・適性賃料で、関東・関西・中部・九州を中心に約5000~1万坪の中規模の開発を年間300億円程度手掛けていく方針だ。

■概要
名称:LOGI LAND春日部Ⅱ
所在地:埼玉県春日部市永沼252番外
アクセス:東武アーバンパークライン「藤の牛島」駅より約1.4㎞
     東北自動車道「岩槻」I.Cより約10.4㎞
敷地面積:9789m2(2961坪)
延床面積:1万9431m2(5877坪)
構造:鉄骨造
規模:地上4階建
着工:2021年6月15日
竣工予定:2022年6月30日
設計:奥野設計
施工:サンエス建設

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース