LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ティーライフ/GLP名古屋守山に物流センター開設

2022年03月15日/物流施設

PR記事

ティーライフは3月15日、名古屋市守山区の物流施設「GLP名古屋守山」内に「ティーライフ名古屋センター」を開設すると発表した。

<GLP名古屋守山 完成イメージ>
20220315tealife 520x321 - ティーライフ/GLP名古屋守山に物流センター開設

「GLP名古屋守山」(4⽉竣⼯)のうち2万m2を賃借し、5月から営業を開始する。

同社は自社物流センターを活用した不動産賃貸、3PLを行なう「プロパティ事業」を展開している。同事業は、昨今の通販需要の高まりを受け、通販会社ならではのノウハウを活かした3PL提案が好評を得て成長が続いている。

現在、同社は静岡県下に2棟の物流倉庫を保有しているが、いずれもほぼ満床の状態が続いていたため、新規倉庫の獲得を検討し、「ティーライフ名古屋センター」を開設することにした。

「GLP名古屋守山」は、テナントの要望に基づいたカフェテリア等の設置、庫内に大型シーリングファンを設置、感染症予防対策として自動ドアやセンサーを用いた非接触型のエレベーターなどを積極的に採用、自動化・省人化への備えとして使用電力の需要増加に対応できる電力容量を有しているなど、快適な労働環境が整っている。

また、強固な地盤からなるエリアに立地し、発生が予測されている南海トラフ地震の影響が少ないエリアと想定されていることに加え、さらなるBCP対策として非常用発電機容量の増強を図っている。屋上には太陽光パネルが設置されており、発電した電力を活用するESGに配慮した物流施設でもある。

<広域図>
20220315tealife1 520x291 - ティーライフ/GLP名古屋守山に物流センター開設

<周辺図>
20220315tealife2 520x290 - ティーライフ/GLP名古屋守山に物流センター開設

建設地は東名高速道路「守山スマートIC」から2.4kmに位置し、東名のみならず名神高速道路へのアクセスもしやすい東西の結節点にあり、広域配送の拠点として適した立地。 名古屋市内陸部に立地する希少な物件で、市内へのエリア配送の拠点としても優れており、周辺エリアには労働人口が豊富で雇用確保の観点でも優位性を備えている。

■ティーライフ名古屋センター 概要
所在地:名古屋市守山区大字中志段味下定納80
アクセス:東名高速道路「守山スマートIC」2.4km、東海環状自動車道「せと品野IC」16km、東海環状自動車道「せと赤津IC」18km、JR東海中央本線「神領駅」2km
延床面積(賃借部分):2万324.16m2(倉庫1万9183.19m2、事務所1105.70m2、荷受事務所35.27m2
仕様:鉄骨造・耐震構造・地上4 階・高床1.0m
賃借開始時期:2022年5月

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース