LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

小田急不動産/愛知県三河エリアで物流施設用地取得

2022年04月14日/物流施設

PR記事

小田急不動産は4月14日、愛知県岡崎市で物流施設の開発用地を取得したと発表した。

<現地写真>
20220414odakyu 520x390 - 小田急不動産/愛知県三河エリアで物流施設用地取得

同物件は同社が開発する物流施設の第5弾。愛知県での開発は一宮市の物件に続き2棟目となる。

取得した用地は東名高速道路の「岡崎IC」から至近で、自動車関連や消費財等の需要が高い愛知県三河エリアに立地している。

また、同エリアでは貴重な用途指定(工業地域)のなされている土地であることから、物流施設の開発用地として高いポテンシャルを有している。

小田急不動産は、同用地での物流施設開発を2022年夏にも着手する予定。現時点で施設概要は未定としている。

■物件概要
所在地:愛知県岡崎市大平町字小欠21-1外
交通:名鉄名古屋本線「男川駅」徒歩14分
名鉄名古屋本線「東岡崎駅」徒歩26分
東名高速道路「岡崎IC」1.4km
用途:工業地域
建ぺい率:60%
容積率:200%
敷地面積:1万2022.17m2

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース