LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

乾汽船/サステナブル・ラボと業務提携に向けて基本合意

2022年04月19日/SCM・経営

乾汽船は4月19日、非財務データサイエンスの専門家集団のサステナブル・ラボ社との業務提携に向けて、基本合意したと発表した。

<ハンディサイズバルカーの配船効率・船腹不足解消・環境負荷軽減への取組み>
20220419inui 520x175 - 乾汽船/サステナブル・ラボと業務提携に向けて基本合意

乾汽船及びサステナブル・ラボ社は、今後、同社が提供するハンディサイズバルカー(ハンディ船)の配船効率化に資する情報ネットワークシステム「Vessel Information Board (VIB)」の利用者に対し、サステナブル・ラボ社のSDGs/ESG可視化サービス「TERRAST(テラスト)β」を提供することで、配船効率化による温室効果ガス(GHG)削減への貢献度などを可視化する予定だ。

乾汽船は、外航海運の実業者としてGHG削減にいかに貢献すべきかを検討してきた。同社が提供するVIBは、荷主やブローカーと船舶の空き情報を共有することで、ハンディ船の空荷航海を減らし、環境負荷及びコストの削減に資する情報ネットワーク。VIBの利用拡大により、ハンディ船の効率配船が進み、GHG削減や船腹不足解消に資するのではないかと考え、同社は、今日有材としてVIBを無料で提供してきた。

サステナブル・ラボ社は、企業の環境・社会貢献度をAIやビッグデータを用いて可視化するサービスを提供している。定性的に語られがちな非財務データを定量化するシステムを開発し、その先進的な取組が環境省「グッドライフアワード」環境地域ブランディング賞をはじめ、広く評価されている。

乾汽船は、今回の基本合意を経て、ハンディ船でのGHG削減の取り組みが可視化され、広く評価される仕組みを構築し、ハンディ船の環境負荷低減を目指すとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース