LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

名村造船所/省エネ型バルクキャリアの概念設計が基本承認

2022年04月19日/IT・機器

名村造船所は4月19日、川崎汽船、大洋電機と共同で、LNG燃料焚きバッテリー搭載省エネ型20万トン型ケープサイズバルクキャリアの概念設計を確立し、日本海事協会から、設計基本承認(AIP:Approval in Principle)を取得したと発表した。

<イメージ画像>
20220419namura 520x271 - 名村造船所/省エネ型バルクキャリアの概念設計が基本承認

設計にあたっては低炭素燃料であるLNGを主燃料として想定し他産業を中心に活用が進んでいるリチウムイオンバッテリー(バッテリー)と、超高効率の永久磁石方式の軸発電装置(軸発電)技術を掛け合わせることによって高効率の船型を実現した。

また、バッテリーを船内電力のプラットフォームとして活用することで、将来的にはグリーンエネルギーの取り込みと省エネ技術を掛け合わせて更なるGHG排出削減への拡張可能性を有している。

AIPの技術特徴は、「LNG を主燃料とすることで従来の重油焚きに比べてGHG排出を大幅に削減」、「超高効率の軸発電と充放電速度に優れる小容量バッテリーを採用し船内電力のピーク調整、余剰電力の充電先として活用」、「停泊中は発電機の代替として陸電を採用」としている。

効果に関しては、「通常航海中は Dual Fuel(2元燃料)発電機(G/E)を使用しないことにより、G/E のメンテナンス費用を約 70%以上削減しつつ、船員の作業負荷低減に寄与」、「LNG 燃料焚きによる大幅なGHG排出削減に加え、軸発電x小容量バッテリー採用のケースでは燃費効率が約2.5%改善」、「陸電の採用で荷役時の船舶からのGHG排出ゼロを達成」となっている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース