LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東急不動産/5月24日、「LOGI’Q南砂町」で先行内覧会開催

2022年04月27日/セミナー

PR記事

東急不動産は5月24日、東京都江東区で開発を進めている「LOGI’Q南砂町」の物流会社・荷主企業向け先行内覧会を開催する。

20220427tokyu1 520x238 - 東急不動産/5月24日、「LOGI'Q南砂町」で先行内覧会開催

「LOGI’Q南砂町」は東京都江東区の東端に位置。首都高速中央環状線「清新町IC」、首都高速9号深川線「木場IC」、首都高速湾岸線「新木場IC」から至近で、都心部にくわえ神奈川・埼玉・千葉方面へもスピーディーな配送を実現できる。また、交通網が充実しており通勤がしやすく、東大島・西葛西・亀戸・両国駅等から都営バスを使ってアクセスすることができる。

<地図>
20220427tokyu 520x403 - 東急不動産/5月24日、「LOGI'Q南砂町」で先行内覧会開催

地上6階建の倉庫は、倉庫内の間仕切り壁は全てが防火シャッターとなっており、フロア内を移動しやすいレイアウトが可能。一般的なものよりも搬送スピードが速い荷物用エレベーターと垂直搬送機を設置し、商品の上下搬送をスピーディーに行えるように設計されている。

また、BCP対策として非常用発電機を設置し、停電時などでもオペレーションへの影響を最小限に抑えるほか、河川の氾濫などに備え、キュービクルや室外機などの各種設備機器と防災センターを想定浸水ラインよりも上部に設置。

セキュリティー面では、高付加価値でハイリスクな商品(重要書類・医療品・貴金属・精密機械など)を保管する企業が、倉庫のセキュリティープランの妥当性・安全性を入居前から客観的に評価できるように、セコムと連携して世界的認証機関であるSGSグループのSGSジャパンが認証する「竣工前評価証明書」を取得している。

<セキュリティ対策>
20220427tokyu2 520x230 - 東急不動産/5月24日、「LOGI'Q南砂町」で先行内覧会開催

■内覧会概要
日時:5月24日(火)①11:00〜/②13:30〜/③15:00〜 ※事前予約制
会場:LOGI’Q南砂町 現地(工事中)
対象:物流会社・荷主系企業等テナント向け

<内覧会の詳細・参加申込はこちらから>

■「LOGI’Q南砂町」施設概要
所在地:東京都江東区東砂6-56-1(地番)
用途地域:準工業地域
敷地面積:5554.89m2
建築面積:3767.08m2
賃貸面積:1万6101.98m2
構造:S造 地上6階建
設計:コモン・リンク
施工:淺沼組
竣工:2022年6月末(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース