LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川急便/横浜緑営業所を拡大移転、EC配送を強化

2022年04月28日/物流施設

PR記事

佐川急便は4月28日、横浜市瀬谷区に横浜緑営業所を移転し、5月1日から移転先での業務を開始すると発表した。

<「横浜緑営業所」外観>
20220428sagawa 520x347 - 佐川急便/横浜緑営業所を拡大移転、EC配送を強化

移転後の横浜緑営業所では、増加するEC需要への対応として、個人宅向け荷物専用の仕分けスペースを設置し、安定した高品質な配送サービスを提供する。

また、施設規模を拡大し、出入庫する車両の動線を整備することで業務効率化を実現。従業員の労働環境改善も図っている。

建物は、グループのSGリアルティが「まちに調和した都市型配送センター」として開発した物件。佐川急便とSGリアルティが共同で「ひと・まち・想いのながれを生み出し企業と地域をつなぐ配送センター」をコンセプトに掲げ、周辺環境との調和、地域の景観維持や建物の反射光に配慮して開発した。

エントランスには、木の温もりや安らぎを感じられるよう、佐川林業が保有する国産杉材を使用し、脱炭素社会の実現に向けて取り組むグループの姿勢を表現している。

<エントランス>
20220428sagawa1 520x347 - 佐川急便/横浜緑営業所を拡大移転、EC配送を強化

■「横浜緑営業所」概要
所在地:横浜市瀬谷区目黒町35-1
集配区域:神奈川県横浜市(青葉区・緑区・都筑区一部地域)
営業所面積:1万260m2
従業員数:273人
車両台数:253台(軽車両含む)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース