LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アスコット/仙台市宮城野区で物流施設開発へ用地取得

2022年04月28日/物流施設

アスコットは4月28日、物流施設開発事業の第2号案件として、同日付で仙台市宮城野区の土地を物流施設開発用地として取得する契約を締結したと発表した。

取得用地については、所在の詳細や敷地面積、延床面積などを現時点で開示していないが、ラストワンマイルの拠点となる中小規模の物流施設を開発する計画で、2023年春の着工、2024年夏の竣工を予定している。

仙台市は、東北自動車道、仙台南部道路、仙台東部道路、仙台北部道路が四方にあり、首都圏や東北各県をつなぐ交通の要衝。特に同用地の周辺エリア(宮城野・若林エリア)は、仙台市中心部へのアクセスが容易で、陸・海・空の輸送でも利便性が高いことから、物流施設のハブ拠点として開発が進められている。

同用地は、仙台市中心部(JR・地下鉄「仙台駅」)まで車で15分(6.6km)の距離に位置。中心部を横断する国道45号線に至近で、縦断する国道4号線にもほど近いため、仙台市内全域をカバーすることができる。

また、仙台東部道路「仙台東IC」「仙台港IC」からそれぞれ3.5kmと近接し、東北自動車道へもアクセス可能なことから、関東地方や東北各県への広域配送拠点としても利用可能。さらに、東北唯一の国際拠点港湾である仙台塩釜港から10kmという立地を生かし、海上輸送にも対応することができる。

<「アスコット・プライム・ロジスティクス加須」完成予想図>
20220428ascot 520x298 - アスコット/仙台市宮城野区で物流施設開発へ用地取得

同社は2021年に不動産投資事業本部を創設し、新たな成長戦略の重要な柱の一つとして、物流施設開発やオフィス開発・バリューアップを中心に事業を推進している。

物流施設開発については、「Apls(Ascot prime logistics )」ブランドを立ち上げ、東京・大阪・名古屋・福岡・仙台などの大都市圏でラストワンマイルの拠点となる中小規模の施設開発を展開していく方針。第1号物件の「アスコット・プライム・ロジスティクス加須」(敷地面積5056m2、地上3階建て延床面積8774m2)は、埼玉県加須市で2022年初夏の着工、2023年の竣工を予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース