LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友倉庫/孫会社の米国海運会社をスワイヤーグループへ譲渡

2022年04月28日/SCM・経営

住友倉庫は4月28日、子会社のJ-WeScoが、孫会社である米国海運会社のウエストウッドシッピングラインズ社の全発行済株式を、シンガポールの海運会社であるスワイヤーシッピング社の米国関係会社SSPL US社へ譲渡すると発表した。株式の譲渡は6月に実行される予定。

ウエストウッドシッピングラインズ社は、住友倉庫がコア事業の一つである港湾運送業務を維持・拡大する目的で、2011年6月にJ-WeScoを通じて買収した海運会社。住友倉庫が設立した特別目的会社(SWマリタイム1、同2、同3、同4)が保有するガントリークレーン付オープンハッチ型多目的船4隻と、傭船した3隻のギア付セミコンテナ船の計7隻で、日本・韓国・中国と米国・カナダ間を結ぶ北米北西岸航路サービスを提供している。

2012~2015年度にかけては、北米からの林産品や、日本からの機械等のプロジェクト貨物、コンテナ貨物の輸送を中心に安定した業績で推移していたが、林産品の輸送数量が減少したことで輸送貨物に占めるコンテナ貨物の取扱比率が増加。その結果、コンテナ運賃市況低迷の影響を大きく受け、2016年度からは営業赤字の状態が続いていた。

住友倉庫では、グループの事業ポートフォリオを検討した結果、コア事業の物流事業と不動産事業に経営資源を集中し、海運事業を譲渡する方針を決定。ウエストウッドシッピングラインズ社の顧客や従業員への影響を最小限に留めることを念頭に、最適な譲渡先を検討した結果、スワイヤーグループとの間でウエストウッドシッピングラインズ社の事業が現状どおり運営されることを前提に、同社の譲渡に合意した。

スワイヤーグループは1872年創業の大手海運グループで、在来貨物とコンテナ貨物をあわせて輸送する多目的船をさまざまな航路で多数運航している。そのため、それらのサービスとのシナジーを生かしてウエストウッドシッピングラインズ社の事業を運営することが可能であり、同社の譲渡先として最適と判断した。

なお、ウエストウッドシッピングラインズ社の譲渡に伴い、ウエストウッドシッピングラインズ社が特別目的会社(SWマリタイム1、同2、同3、同4)から借り受けている4隻の船舶もスワイヤーシッピング社に譲渡する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース