LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/仏・EDFグループと4隻目の新造LNG船傭船契約締結

2022年05月06日/3PL・物流企業

日本郵船は5月6日、同社関連会社のフランス エルエヌジー シッピング社が、イーディーエフ エルエヌジー シッピング社と新造液化天然ガス(LNG)船の長期定期傭船契約を締結したと発表した。

この船はEDFグループとの4隻目の長期定期傭船契約となり、契約期間は延長オプションを含めて最長20年間。

韓国の現代三湖重工業で建造され、2025年に竣工する予定。主機関には燃料消費効率に優れたWinGD社製の二元燃料低速ディーゼル機関を搭載。また、優れた防熱性能をもつ容量17万4000m3のメンブレン型のカーゴタンクや余剰ボイルオフガスを再液化できるAir Liquide社製の装置を採用して、効率的な運航を実現する。

EDFグループとの4隻目の長期定期傭船契約締結に際し、渡辺浩庸エネルギー事業本部 執行役員は「今回、EDF社との新たな新規傭船契約を締結できたことを大変うれしく思う。これは当社グループが掲げるESG経営を更に推し進めるという観点でも、非常に大きな意義を持つものとなる。当社はEDFとの順調なパートナーシップのもと今後も同社にLNGの安定な輸送を提供するとともに、世界のエネルギートランジションに貢献していきたいと考えている」とコメントした。

■概要
全長:約297m
全幅:約46.4m
総トン数:約11万8300トン
主機関:X-DFエンジン
積載容量:約17万4000m3
建造造船所:現代三湖重工業(韓国)
竣工予定:2025年
船籍:フランス

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース