LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/CO2排出削減量・省人化可視化「物流バス」開始

2022年05月09日/3PL・物流企業

センコーは5月9日、CO2排出削減量・省人化時間を可視化した「物流バス」予約システム 九州⇒関東便のサービス提供を開始した。

<輸送ルート(九州⇒関東)>
20220509senko 520x152 - センコーGHD/CO2排出削減量・省人化可視化「物流バス」開始

センコーでは2021年4月から路線バスのように気軽に利用できる新たな長距離輸送サービス「物流バス」を運行しているが、今回、川崎近海汽船の大分~清水航路を利用した「10トン陸送車代行輸送」が新たにメニューに加わった。

簡単にWEBで予約できるシステムを導入するとともに、物流バスのメニューである、「20トントレーラ貸し切り」「積み合わせスペース販売」と今回提供する新サービス「10トン陸送車代行輸送」の利用によるCO2削減量と省人化時間を予約画面で確認できるようにした。例えば、九州~関東間の片道陸送と海上輸送では約61%のCO2削減(大分港~清水港間相当距離の陸送比)と約20時間の省人化効果が見込める。

10トン陸送車代行輸送とは、九州から関東方面へのトラック輸送で主力の10トン車の代行輸送手段として、大分港から清水港間で20トンシャーシに貨物を積み替えて海上輸送するもので、トラックの長距離走行の削減策として2024年問題への対応を行い、物流業界全体の脱炭素化、省人化の実現を目指す。

今後は、九州⇒関西、関東・関西⇒九州、関東⇔関西間などで予約システムのサービスメニューを拡大させ、輸送エリアの拡大と同システムの普及を通じ、次世代の長距離幹線輸送の構築と浸透を進めていく考えだ。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース