LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トナミHD/3月期の売上高0.5%増、営業利益14.2%増

2022年05月12日/決算

PR記事

トナミホールディングスが5月12日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1353億6100万円(前年同期比0.5%増)、営業利益73億6900万円(14.2%増)、経常利益79億600万円(10.6%増)、親会社に帰属する当期利益51億1000万円(9.7%増)となった。

物流関連事業は、グループの物流リソースの相互連携・活用を図り、多様化する顧客の物流ニーズに沿う総合的なロジスティクスサービスの提供にむけた積極的な営業活動の展開に加え、DXによる業務効率化や生産性の向上を図り、経営基盤の強化に努めてきた。事業成長の一環としては、埼玉県にトナミ運輸春日部流通センターと大阪府に京神倉庫箕面支店を新たに開設した。

また、2021年4月30日付で高岡通運、2022年3月1日付でサンライズトランスポートを新たに連結子会社化し、同社グループの一層の連携強化を図り、経営基盤と事業規模の拡大を通じた物流事業基盤の更なる強化を行った。

セグメント別の物流関連事業は、貨物輸送量の回復などより、売上高は1276億9100万円と、前連結会計年度に比べ39億4000万円(3.2%増)となった。営業利益は64億5500万円を計上し、前連結会計年度に比べ5億6400万円(9.6%増)となった。

次期は、売上高1450億円(7.1%増)、営業利益78億円(5.8%増)、経常利益82億円(3.7%増)、親会社に帰属する当期利益56億円(9.6%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース