LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川急便/北海道岩見沢市と「地域活性化包括連携協定」締結

2022年05月13日/3PL・物流企業

PR記事

佐川急便は5月12日、北海道岩見沢市と地域の活性化ならびに市民サービスの向上を図るため「地域活性化包括連携協定」を5月11日に締結したと発表した。

<(左から)北海道支店 青木淳一支店長、岩見沢市 松野哲 市長>
20220513SGHD 520x331 - 佐川急便/北海道岩見沢市と「地域活性化包括連携協定」締結

佐川急便は社会インフラの一つである物流を担う企業として、保有するリソースやノウハウを活用し、地域経済の活性化や、持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に取り組んでいる。その一環として、官民一体となって地域課題に取り組む「SAGAWAタウンサポート」を全国の自治体へ展開している。

主な協定内容は、1.地域防災に関すること(災害時における一連の活動支援、支援物資集拠点運営に係るノウハウ提供など)、2.地域の安心・安全に関すること(見守りなど)、3.環境保全の推進に関すること(環境に配慮した集配や不法投棄発見時の通報など)、4.市政のPRに関すること(佐川急便の営業所、車輛等を活用した市政のPR等)。

同社は、地域課題に対するソリューションとして、観光やビジネス客の利便性を目的とした「手ぶら観光」や、交通インフラの維持・物流の効率化・環境負荷低減に効果が見込まれる「貨客混載事業」等を促進している。また、子どもや高齢者の見守り活動や災害時における物資の輸送支援等、地域の安全・安心に資する活動も行っている。

同協定の締結を契機に、佐川急便は双方のリソースやノウハウを有効に活用し、協働することで多様なサービスの創出、持続可能な暮らしやすいまちづくりと地域活性化を目指し、社会的課題の解決・改善に取り組んでいくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース