LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

玉井商船/3月期の売上高67.34億円、営業利益15.42億円

2022年05月16日/決算

玉井商船が5月16日に発表した2022年3月期決算によると、売上高67億3400万円、営業利益15億4200万円、経常利益15億9000万円、親会社に帰属する当期利益11億9000万円となった。

なお、収益認識に関する会計基準等を適用しているため、対前期増減率を記載していない。

外航海運業の売上高は、高水準で推移したマーケットの影響で運賃が大幅に増加したことから、56億9400万円となり、営業利益は19億3700万円となった。

また、内航海運業は2月に竣工した所有船が年間を通じて稼働したことが大きく、売上高は9億3000万円となった。営業利益は3900万円となった。

次期は、売上高78億円(15.8%増)、営業利益18億円(16.7%増)、経常利益17億7000万円(11.3%増)、親会社に帰属する当期利益12億3000万円(3.4%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース