LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井E&S造船ほか/離着桟支援装置を共同開発、大型原油船に搭載開始

2022年05月25日/IT・機器

三井E&S造船は5月25日、同社、三井造船昭島研究所、ENEOSオーシャンの3社で共同開発した離着桟支援装置を大型原油船に搭載開始したと発表した。

3社の技術や操船ノウハウが織り込まれた同装置は、操船者が着桟・着標時での船舶の位置や挙動、速力や風力を正確に把握することを支援する。それらの情報共有を容易にする機能や、船が危険な状況にある際に警報を発する仕組みなども備えており、リスクの高い離着桟作業等での操船事故を未然に防ぐことを可能にした。

これによって、ヒューマンエラーの防止による海上輸送の安全性向上と、操船者の作業負荷軽減を実現するとともに、事故による環境へのリスクを大きく低減することが期待される。

近い将来には、ターミナルやオフィスとも情報を共有できるシステムの開発を検討しており、業界全体の安全性向上に役立てることを計画しているという。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース