LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井ほか/ネットゼロ・エミッション外航液化ガス輸送船開発

2022年06月24日/IT・機器

商船三井、常石造船、三井E&S造船の3社は6月24日、アンモニアを燃料とする外航液化ガス輸送船の建造に向けた共同開発を開始したと発表した。

<外航液化ガス輸送船のイメージ>
20220624mol 520x292 - 商船三井ほか/ネットゼロ・エミッション外航液化ガス輸送船開発

20220624mol1 520x291 - 商船三井ほか/ネットゼロ・エミッション外航液化ガス輸送船開発

同船は中型アンモニア・LPG輸送船で、燃焼時にCO2を排出しないアンモニアを燃料として使用可能な主機関を搭載。貨物として積載したアンモニアの一部を燃料として使用し、航海中のCO2排出量ネットゼロを目指す。

また、船型はアンモニア国際海上輸送の過半を担う船型で、主要なアンモニア・LPGの出荷・受入港への入港が可能かつ多様な航路への投入が見込める汎用性の高い船型となっている。

今後、共同開発、設計を進め、2026年頃の竣工・運航開始を予定している。

■主要目
全長:約180m
全幅:約30m
型深:約19m
積載容量:約4万m3
主機:三井-MAN B&W 製アンモニア燃料2ストロークエンジン S60型(開発中)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース