三井E&S造船/6.6万重量トン型ばら積み貨物運搬船を引渡し

2021年07月21日 

三井E&S造船は7月21日、玉野艦船工場で建造中だった6万6000重量トン型ばら積み貨物運搬船「ジャル カルパタル」(JAL KALPATARU)をこのほど完成し、同工場で引き渡した。

<ジャル カルパタル>
20210721eszosen 520x371 - 三井E&S造船/6.6万重量トン型ばら積み貨物運搬船を引渡し

この船は、同社の環境対応・低燃費船ラインナップ「neoシリーズ」の幅広浅喫水船型・6万6000重量トン型バルクキャリアー「neo66BC」の竣工23隻目であり、同社が建造する最後の商船となる。

■主要目
全長:199.99m
幅(型):36.00m
深さ(型):18.45m
総トン数:38,234
載貨重量トン数:66,264メトリックトン
主機関:三井-MAN B&W 7S50ME-C9.7 ディーゼル機関 1基
航海速力:14.5ノット(常用出力)
最大搭載人員:25人
船級:NK
船籍:パナマ
引渡日:2021年7月21日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集