LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

豊田自動織機、名古屋工大/工場や倉庫のスマート化で共同研究

2022年06月02日/IT・機器

PR記事

豊田自動織機と名古屋工業大学は5月31日、「豊田自動織機スマートインダストリー研究所」を名古屋工業大学内に開設し、工場や倉庫のスマート化のための要素技術に関する共同研究を開始した。

<豊田自動織機スマートインダストリー研究所のめざす姿>
20220602toyodajido 520x288 - 豊田自動織機、名古屋工大/工場や倉庫のスマート化で共同研究

深刻化する労働力不足や多様化する顧客ニーズに対応するため、工場や倉庫は、よりコンパクト、フレキシブル、高効率な姿へと進化が求められている。また、脱炭素の対応も重要課題。

設立した研究所では、豊田自動織機の工場マネジメント力やものづくりの知見と名古屋工業大学のデータ分析技術や通信技術をもちより、工場・倉庫のスマート化に必要な要素技術の先行開発を行う。

具体的には、1.つながる、2.レイアウトフリー、3.カーボンニュートラルの3つをテーマに、建物内のすみずみまでデータを送受信できる通信技術や、設備の設置場所を制約しない給電技術、工場・倉庫の消費電力を最小化・最適化するエネルギーマネジメント技術などの開発に取り組み、豊田自動織機大府工場で実証実験を行っていく。

研究内容は、1.つながる工場・倉庫の実現に向けた要素技術、2.レイアウトフリーの工場・倉庫の実現に向けた要素技術、3.カーボンニュートラルを実現する工場・倉庫全体のマネジメント構築に向けた要素技術。研究期間は、2022年4月1日~2025年3月31日。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース