LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

関光汽船/「CO2削減効果計算ツール」をオンライン公開

2022年06月07日/IT・機器

PR記事

SHKライングループの関光汽船は6月7日、物流事業者または物流担当者に向けて、ウェブサイト上で、「輸送する貨物の重量」、「輸送距離」等を入力すると、陸上輸送と、より環境負荷の低いフェリー輸送とを比較したCO2排出量や、海上輸送への輸送モード転換によるCO2排出量削減効果を算出できる「CO2削減シミュレーション」をオンライン公開したと発表した。

<「CO2削減シミュレーション」トップページ>
20220607kankouk1 520x341 - 関光汽船/「CO2削減効果計算ツール」をオンライン公開

<関光汽船の海陸一貫輸送>
20220607kankouk2 520x346 - 関光汽船/「CO2削減効果計算ツール」をオンライン公開

関光汽船は、トレーラーとSHKグループ船社の大型フェリーを組み合わせた海陸一貫輸送を行っており、特に海上輸送を利用するモーダルシフトを積極的に推進している。海上輸送は、陸上輸送と比較してCO2排出量は約5分の1と、環境に優しい輸送モードであり、また道路交通渋滞問題の解決、SDGs・ホワイト物流実現の手段として有効になるものとして注目されている。

このツールでは、ウェブサイトに「輸送する貨物の重量」、「輸送距離」等を入力すれば、陸上輸送とフェリー輸送とを比較したCO2排出量や、 海上輸送へのモーダルシフトによるCO2削減効果をオンライン上で簡単にシミュレーションすることができる。

「CO2排出量削減などの環境対策配慮や物流効率化を検討している」、「陸送から海上輸送への輸送モード転換を検討している」、「陸送のCO2排出量を知りたい」、「災害時のBCP対策など、代替輸送ルートを検討している」、「これから物流のSDGs対策に取り組みたい」、「脱炭素経営に取り組みたい」等の課題に対応する。

■「CO2削減シミュレーション」ページ
https://www.kankokisen.co.jp/co2/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース