LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

2022年06月14日/IT・機器

PR記事

パナソニック コネクトは6月14日、トヨタモビリティパーツ(TMP)に「配送見える化ソリューション」を納入し、同社が実施する自動車部品の共同配送の効率化に寄与したと発表した。

<トヨタモビリティパーツ栃木支社での「配送見える化ソリューション」活用の様子>
20220614panasonic 520x281 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

<「配送見える化ソリューション」概要>
20220614panasonic1 520x156 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

TMPは、自動車部品の卸売業を行う全国33社のトヨタ部品共販等が統合し、2020年4月1日に発足した。同6月以降にダイハツ工業やSUBARUなどと、整備部品の共同配送を順次開始しており、部品の配送管理システムとして「配送見える化ソリューション」を導入。栃木支社から稼働をはじめ、2022年4月から全国展開を開始している。

<ドライバー端末によるQRコード読み取り>
20220614panasonic2 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

<ドライバー端末画面(左)、管理者PC画面(右)>
20220614panasonic3 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

「配送見える化ソリューション」は、パナソニック コネクトの100%子会社であるベルギーのZetes Industries社が提供する配送現場プロセスの可視化システム「ZETES CHRONOS(ゼテス クロノス)」と、ドライバー端末「TOUGHBOOK(タフブック)」とで構成。運行管理者のPCとドライバー端末を、クラウドサーバーを通じて相互連携し、配送状況や配送作業をリアルタイムに把握することで業務効率化を実現する。

<他社部品のトヨタ標準出荷ラベルへの対応>
20220614panasonic4 520x367 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

共同配送では、各社で使用しているシステムやラベルが異なるため、目視検品の運用となりミスに繋がりやすくなることが課題だったが、TMSに納入したソリューションでは、各社のシステムとラベルをトヨタ標準出荷ラベルに統一することで一元管理を可能とし、他社の部品を自社と同レベルの高品質・低コストで配送できるようにした。

<管理者画面では、配送の進捗率(写真1枚目)や、配送ルート(2枚目)、各ドライバーの現在地(3枚目)をリアルタイムで表示>
20220614panasonic5 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

20220614panasonic6 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

20220614panasonic7 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

また、運行管理者がクラウドを通じてドライバー端末で得た配送実績をリアルタイムで把握できることで、問い合わせへの対応品質を向上。ドライバー側では、紙の伝票を使って目視で行っていた検品を、ドライバー端末によるバーコード読み取りによってデジタル化したことで、誤配送の防止など、作業の高レベルでの水準化を可能にした。

<パナソニック コネクトの里平 利彦 氏>
20220614panasonic8 520x347 - パナソニック コネクト/トヨタ系部品卸の共同配送を効率化

パナソニック コネクトは、2018年から「配送見える化ソリューション」の国内提供を開始しており、TMPのほかにも、食品や酒類、コンビニエンスストア等の物流現場へ同ソリューションを提供している。

物流業での共同配送の取り組みについて、パナソニック コネクト モバイルソリューション事業部 事業開発部の里平 利彦 主幹技師 ビジネスコンサルタントマネージャーは、「ドライバー不足への対策やCO2削減に向けた取り組みとして、今後も共同配送を実施する企業が増えていくだろう。一方で、共同配送の現場では、各社が違うシステムを利用しており、ラベルや現場運用が異なり配送品質の担保が難しいことから、現在も紙の伝票と目視による検品が続いている」と問題点を指摘。

そのうえで、同氏は「物流業の顧客と接していると、2024年問題の緊迫感がひしひしと伝わってくる。人手不足の対策をシステムで補う必要がある。当社は今後も、ZETES社の技術力と、サプライチェーンの現場で培った技術力、サービス・サポート力を組み合わせ、物流現場の課題解決を目指していく」とコメントした。

■トヨタモビリティパーツの導入事例
https://connect.panasonic.com/jp-ja/case-studies/toyota-mp

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース