LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/兵庫県尼崎市で36.8万m2のALFALINKを開発

2022年06月15日/物流施設

日本GLPは6月15日、兵庫県尼崎市で総延床面積約 37万m2の大規模多機能型物流施設「GLP ALFALINK 尼崎」の開発を行うと発表した。

<「GLP ALFALINK 尼崎」アプローチイメージ>
20220615glpa1 520x346 - 日本GLP/兵庫県尼崎市で36.8万m2のALFALINKを開発

<「GLP ALFALINK 尼崎」全体イメージ>
20220615glpa2 520x336 - 日本GLP/兵庫県尼崎市で36.8万m2のALFALINKを開発

「GLP ALFALINK 相模原」、「GLP ALFALINK 流山」、「GLP ALFALINK 茨木」、「GLP ALFALINK 昭島」に続く「ALFALINK」ブランドの第5弾として展開し、創造連鎖する物流プラットフォームを実現する。

今回の開発は、古河電気工業の工場跡地に物流施設2棟を建設し、共用棟を含む複合施設を一体的に開発する。2023年11月より順次着工、2026年6月に全棟竣工を予定しており、投資総額は約1000億円。

「GLP ALFALINK 尼崎」は、大阪駅まで直線距離で9kmに位置し、国道43号の利用により大阪都心部へは約30分、阪神高速5号湾岸線に加えて3号神戸線「尼崎西 IC」まで約300mと関西全域への広域配送の物流拠点として優れた立地。

さらに、阪神電鉄本線「尼崎センタープール前駅」から徒歩7分(約500m)に位置し、路線バスの停留所も近いことに加え、住宅エリアからも至近であることから、雇用確保の面においても恵まれている。周辺には日用雑貨メーカーや食品流通系企業、工業メーカー系、そして3PLなどの物流企業が集積しており、今後先進的物流施設へのニーズが一段と高まるとみられている。

大規模多機能型物流施設である「ALFALINK」は「Open Hub」をキーコンセプトとし、かつてなく開かれた物流施設づくりを目指している。

具体的に「GLP ALFALINK 尼崎」では「尼崎センタープール前駅」方面からの動線として敷地北西部分に開放的でゆとりある広場空間を整備し、地域に開かれた魅力あるアプローチを実現するとともに、災害時には避難場所としての機能も担う。また、広場空間とともに整備する共用施設には、レストラン、多様なワーキング・交流・イベント機能、ウェルネス促進機能、託児所、カフェなど、働く方々が快適で健康に過ごせるように計画している。

外構計画では緑豊かなランドスケープが地域を彩り、フットサルコートの設置や、敷地に隣接するサイクリングロード方面にも行き来ができるよう計画を進めており、施設で働く人々のみならず地域や社会に潤いと活力を発信する空間として、まち全体の豊かな生活をサポートする。

「ALFALINK」の残るキーコンセプトである「Integrated Chain / Shared Solution」としては、約37万m2にも及ぶ広大な延床面積を最大限に活用し、カスタマーのオペレーションやイノベーションを支援する様々な機能を実装。優れた立地を生かし、幹線輸送・地域配送の拠点となるトラックターミナル誘致を始めとして様々な用途、面積に対応するとともに、カスタマー間の連携を支援することで物流の最適化、効率化を図る。

なお、このエリアは「尼崎21世紀の森構想」の対象区域内に位置していることから、この構想への一助となるべく、OpenHub にも掲げている緑豊かな外構計画の実現や、カーボンニュートラルを実践するために自家消費型太陽光設備の設置、LEED認証やZEB認証を取得する等、環境負荷の低減、地域環境との親和を図り、「GLP ALFALINK 尼崎」とまちとの地域共生を実現するとしている。

■施設概要「GLP ALFALINK尼崎」
施設数:2棟
所在地:兵庫県尼崎市道意町7丁目
敷地面積:約16万3000m2(プロジェクト全体)
延床面積:約36万8000m2(プロジェクト全体)
認証取得:LEED認証・ZEB認証取得予定

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース