LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/総投資額675億円、32万m2、大阪府茨木市のALFALINK

2022年06月15日/物流施設

日本GLPは6月15日、大阪府茨木市で開発を行っている、総延床面積32万m2の複数棟大型物流施設「GLP ALFALINK 茨木」の具体的な開発プロジェクト内容について発表した。

今回の開発は、南目垣・東野々宮地区の土地区画整理事業の敷地内に3棟の物流施設を建設するもので、2022年12月から順次着工、2025年7月に全棟竣工予定。投資総額は675億円。

<「GLP ALFALINK 茨木」完成イメージ>
20220515GNP1 520x292 - 日本GLP/総投資額675億円、32万m2、大阪府茨木市のALFALINK

<「GLP ALFALINK 茨木」新幹線側からの全景イメージ>
20220515GNP2 520x292 - 日本GLP/総投資額675億円、32万m2、大阪府茨木市のALFALINK

日本GLPが展開する物流大規模多機能型物流施設「ALFALINK」は、Open Hubをキーコンセプトとし、開かれた物流施設づくりによる地域との共創を目指している。

「GLP ALFALINK 茨木」では、拡大し続ける大阪の物流ハブとしての立地や商業施設が併設されるという同開発の特性を生かし、地域や入居企業との融合、商業施設との連携、物流関連施設との共創により様々な企業と人が集まり、コミュニティやビジネス機会が創出される施設づくりを目指している。

敷地内には、働く人や訪れた人々の自由で快適な働き方、心身の健康の向上を目指し、カフェテリアやコンビニ、託児所などのアメニティに加えフットサルやバスケットボールが楽しめるマルチコートやフィットネスジム、ランニングコースなど利用者すべての人にウェルネスをもたらす共用施設を整備する予定。

また、循環バスを取り入れるなど他の商業施設と連携を図り利便性を高めていく。共用施設は2階をメイン階とし、歩車分離による安全性を確保することに加え、倉庫棟と共用棟はブリッジを介して接続し、物流施設3棟すべてを繋ぎ、利便性を高めるなどバラエティに富んだ共用施設を提供。様々なシーンで「GLP ALFALINK 茨木」を利用してもらうことで、物流施設をより身近に感じ、働く人や地域住民など訪れた人々の豊かな生活をサポートし、心身の健康をも向上できるような施設づくりを行っていく。

施設全体の特徴として、カスタマー同士・来訪者同士をつなぐ仕組みとして、3つのゾーニングを行う。「集まる」ゾーンでは、マルチコートや公園など人々が目的を持って訪れる施設を、「誘う」ゾーンでは、カフェやフィットネスジムなど集まるゾーンと連携しカスタマーも来訪者も利用したくなる施設を、そして「繋がる」ゾーンでは、ギャラリーやショールームなど情報配信を促し物流をより身近に感じてもらえる施設を配置する計画だ。

「GLP ALFALINK 茨木」の第一棟目となる「GLP ALFALINK 茨木 1」は、各階への効率的なアクセスを可能にするダブルランプウェイを備え、一区画3300m2~1万6500m2の柔軟な区画設定ができる。1階を両面バースの冷蔵対応、最上階である6階をターミナル対応、2~5階は工場対応も可能とすることで、幅広い業種のニーズに応えるとともに、最先端の庫内自動化にも対応できる設計を行っている。

BCP対策としては、非常用発電機や防災センターを2階に設置することで、浸水や地震による停電などの災害に備える。安全対策としては、倉庫棟と共用棟を分けて設計した上で、倉庫棟の入口には顔認証システム付きフラッパーゲートを設置し、就業者の安心・安全な環境を提供する。

また、環境配慮面では、屋根上に自家消費用の太陽光パネルを導入し、館内電力の一部を賄う。外部系統から再生可能エネルギーを購入することで、カーボンニュートラル社会の実現も可能としている。

「GLP ALFALINK 茨木」は名神高速道路、近畿自動車道、中国自動車道の結節点となる「吹田JCT」から6.2km、幹線道路(府道14号)に面した敷地に位置し、物流拠点として優れた立地。また、近隣にトラックターミナル、卸売市場、鉄道貨物ターミナルなどの物流関連施設があり、物流拠点として高いポテンシャルが見込める。さらに、大阪内陸での人口密集地である北摂エリアに立地することから雇用確保の面からも優れている。

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 茨木」
所在地:大阪府茨木市南目垣・野々宮区画整理事業地内
敷地面積:13万5000m2(プロジェクト全体)
延床面積:32万m2(プロジェクト全体)

<物流施設(GLP ALFALINK 茨木1)>
敷地面積:6万9000m2
延床面積:16万3000m2
構造:地上6階建て、PC免震造
着工:2022年12月
竣工:2024年7月
認証取得:LEED認証(予定)、ZEB認証(予定)

<物流施設(GLP ALFALINK 茨木2)>
敷地面積:2万m2
延床面積:4万1000m2
構造:地上4階建て、耐震造
着工:2023年4月
竣工:2024年7月
認証取得:LEED認証(予定)、ZEB認証(予定)

<物流施設(GLP ALFALINK 茨木3)>
敷地面積:4万7000m2
延床面積:12万m2
構造:地上6階建て、免震造
着工:2023年12月
竣工:2025年7月
認証取得:LEED認証(予定)、ZEB認証(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース