LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/効率運航深度化で運行船のGHG削減促進の会社設立

2022年06月22日/IT・機器

商船三井は6月22日、運航データの利活用により効率運航深度化を推進する同社全額出資子会社の「EcoMOL Inc.」を設立したと発表した。

<EcoMOLのロゴ>
20220622mol - 商船三井/効率運航深度化で運行船のGHG削減促進の会社設立

EcoMOLでは、マニラの常駐スタッフが、同社自営運航船のスピードや燃費などのパフォーマンスチェック、分析結果精査、運航担当へのフィードバックなどの効率運航深度化に向けた取り組みを、東京本社の海技員や技術要員と連携して行う。

また、同社が既に取り組んでいる安全運航強化・環境負荷低減に向けた「FOCUS プロジェクト」で各船搭載済の機器から入手可能な粒度の高いデータと掛け合わせることで、更なる効率運航の深度化につなげる。これら取り組みにより、2024年末までに効率運航による燃料消費量削減率5%の実現を目指す。

さらに、運航データを使った詳細分析とそれに基づく燃費改善活動・フォローアップを行うには、データ整備・分析、改善活動を行う人の力が必要。フィリピンにEcoMOLを設立し、これらの取り組みに不可欠な英語力や海技力を備えたフィリピン人材を活用することで、同社グループの人的資本の拡充を図るとともに、フィリピン地域社会にも貢献するとしている。

■概要
名称:EcoMOL Inc.
所在地:27th Floor, Tower 2, The Enterprise Center 6766, Ayala Avenue corner Paseo
de Roxas, Brgy. San Lorenzo, Makati City, Philippines 1226
設立時期:2022年5月
事業内容:効率運航の深度化、GHG 削減促進に関する業務支援
決算期:3月
出資金:PHP 1040万
株主:商船三井100%出資

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース