LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

o9ソリューションズ/出版流通の発行・配本計画の意思決定を支援

2022年06月23日/SCM・経営

o9(オーナイン)ソリューションズ・ジャパンは6月23日、丸紅が出資する新会社PubteX(パブテックス)が提供するサービスにおいて、出版物の発行・配本量の最適計画での意思決定支援システムとして採用されたと発表した。

丸紅グループが国内の大手出版社(講談社、集英社、小学館)とともに設立したPubteX(パブテックス)では、出版物に関わるさまざまなデータを活用することで、出版のサプライチェーンを統合的に効率化する新しいサービスを提供する。

このサービスの中核となる意思決定のためのシステム基盤として、o9ソリューションズが開発した「o9 Digital Brain platform」が活用される。

o9 Digital Brain platformが担うのは、PubteXが行う出版物の発行・配本量の最適化サービスのコアとなる部分。AIモデルにより生成された需要予測をはじめとする膨大なデータをもとに、発行・配本計画を立案し、担当者が参照したい情報をダッシュボード上に最も分かりやすい形式で提示する。

また、散在する在庫や返本数などを見える化し、情報の緻密な分析を図ることで、システムが提案する発行数や配本数の推奨値に対し、より適確な意思決定を行うことができる柔軟性も備えている。

o9ソリューションズと丸紅は2020年8月に「Strategic Cooperation Agreement」を締結し、丸紅が展開する「デジタルSCMサービス」のコアエンジンとしてo9 Digital Brain platformが活用されている。今回の取り組みを通じ両社は戦略的なパートナーシップを更に強化し、サプライチェーンに課題を抱えるより多くの顧客に対し、高付加価値なソリューションを提供していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース