LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

宅配便再配達率/4月は約11.7%、前年同月比0.5ポイント増加

2022年06月24日/調査・統計

国土交通省は6月24日、4月の宅配便再配達率は約11.7%だったと発表した。

<宅配便の再配達調査結果>
20220628kokkosyo 520x146 - 宅配便再配達率/4月は約11.7%、前年同月比0.5ポイント増加

今年4月は、前年同月(約11.2%)と比べて約0.5%ポイント増、昨年10月(約11.9%)と比べて約0.2%ポイント減となった。

宅配便の再配達はCO2排出量の増加やドライバー不足を深刻化させるなど、重大な社会問題の一つとなっている。国土交通省では、引き続き宅配便の再配達削減に取り組んでいくとしている。

なお、国土交通省では、トラックドライバーの人手不足が深刻化する中、再配達の削減を図るため、宅配ボックスや置き配をはじめ多様な方法による受取を推進しており、これらの成果を継続的に把握すること等を目的として、宅配便の再配達率のサンプル調査を年2回(4月・10月)実施している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース