LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTロジスコ/倉庫内業務を可視化で生産性向上、優秀物流改善賞

2022年06月24日/物流施設

NTTロジスコは6月24日、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)主催の全日本物流改善事例大会2022において、名古屋物流センターが「優秀物流改善賞」を受賞したと発表した。

<表彰状授与>
20220624NTTRoji1 520x416 - NTTロジスコ/倉庫内業務を可視化で生産性向上、優秀物流改善賞

<発表後の集合写真>
20220624NTTRoji2 520x416 - NTTロジスコ/倉庫内業務を可視化で生産性向上、優秀物流改善賞

取り組み内容は、見える化ソリューション(移動管理システム)とWMSを利用した生産性の向上施策。見える化ソリューションとは、倉庫内業務の進捗や実績を可視化するクラウド型システム。倉庫内の作業実績をタブレットに登録することで、収支、生産性分析が可能となる。

同システムより抽出した稼働時間とWMSから抽出した荷量データで作業者毎の生産性を算出し、最も生産性の高い作業者をモデルスタッフとして設定、作業者全員で作業動画を検証し、他のスタッフとの相違点を抽出して標準化を進めた。併せてピッキング・検品などの問題点の洗い出しも行い、標準化や作業レイアウトの改善等、複数の施策を進めることで、全体の生産性向上を実現した。

この結果、生産性は改善前の1件あたり57.6秒から改善後45.9秒となり約20%の生産性向上を実現。また、動画をもとに細かな手順をルール化・標準化したことで出荷作業全体がスムーズになり、育成教育の質が向上。さらなる多能工化が図れ、他の作業チームとの相互応援体制を強化するなどの改善効果があった。

見える化ソリューションの導入により、抽出した客観的なデータをもとに作業者が主体となって動画検証や議論を重ね、作業の標準化やレイアウトの改善活動に取り組み、生産性向上を実現させた点が評価され、受賞につながった。

NTTロジスコは、経営ビジョンである「お客様の物流を進化させ続け、お客様と社会に美しく透明な流れをつくる会社です」の実現に向け、引き続き改善活動に積極的に取り組んでいくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース