LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日野自動車/ラストワンマイルに最適化、小型BEVトラ新発売

2022年06月28日/IT・機器

日野自動車は6月28日、物流現場での使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する低床・前輪駆動小型BEV(Battery Electric Vehicle)トラック「日野デュトロ Z(ズィー) EV」を発売すると発表した。

顧客の声を反映し「物流ラストワンマイル」の現場での使い勝手を追求した「日野デュトロ Z EV」は、新開発のBEV専用シャシにより実現した超低床構造で、荷役作業性や乗降性に優れ、ドライバーの負担を軽減。普通免許で運転可能なコンパクトな車体でドライバー人材確保にも貢献し市街地走行に必要な先進安全技術を装備。ゼロエミッションと高い静粛性で、周辺環境にも配慮した。

荷室に直接移動可能なウォークスルーバン型と、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型を設定し、顧客のビジネス形態に合わせた架装を選べる。

<ウォークスルーバン型>
20220628Hino1 520x371 - 日野自動車/ラストワンマイルに最適化、小型BEVトラ新発売

<アルミバン(サイド扉付)>
20220628Hino2 520x350 - 日野自動車/ラストワンマイルに最適化、小型BEVトラ新発売

車両はフルメンテナンスリースでの提供で、電動車導入時や月々の支払いが明瞭。メンテナンスの行き届いた電動車の安定稼働によって顧客のビジネスに貢献する。

なお、電動商用車や充電器など周辺機器の導入や、安心かつ効率的な稼働のために重要なエネルギーマネジメントは、日野のグループ会社であるCUBE-LINXが今秋に提供開始するソリューションを利用できる。

日野自動車は電動商用車の普及促進に向け、顧客の役に立つ持続可能な方策を追求すべく、商用事業でのCASE技術の普及プロジェクトを進めるCJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)との連携も含め取り組んでいくとしている。

■主要諸元
ウォークスルーバン型
車両型式:ZAB-XED100V-AAAAA
全長×全幅×全高:4695×1695×2290mm
床面地上高:400(積車)/450(空車)mm
最大積載量:1000kg
車両総重量:3490kg
乗員:2人
モーター:交流同期電動機 50kW
バッテリー:リチウムイオンバッテリー、40kWh
充電方法:普通充電 急速充電(CHAdeMO方式)
WLTCモード一充電走行距離(国土交通省審査値):150㎞
主な安全装備:PCS(プリクラッシュセーフティシステム)、誤発進抑制機能、クリアランスソナー、車線逸脱警報、電動パーキングブレーキ、バックカメラ&電子インナーミラー

アルミバン(サイド扉付)
車両型式:ZAB-XED100-ABAAA3
全長×全幅×全高:4690×1925×2480mm
床面地上高:20(積車)/470(空車)mm
最大積載量:150kg
車両総重量:3460kg
乗員:2人
モーター以下、ウォークスルーバン型と同

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース