LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/倉庫DXサービスのGaussyと資本業務提携

2022年07月01日/SCM・経営

プロロジスは7月1日、倉庫DXサービスを提供するGaussy(ガウシー)と資本業務提携したと発表した。

Gaussyは、三菱商事が進めてきた倉庫DX事業を本日付けで事業譲渡された新設子会社。プロロジスのほかに、三菱商事ロジスティクス、東京大学協創プラットフォーム開発、三井不動産、三菱HCキャピタル、三菱地所が出資参画し、三菱商事を含めた7社が、産学連携・業界横断のパートナーシップにより物流業界の課題解決に取り組む。

Gaussy は今後、主な事業として倉庫のロボットのサブスク事業”Roboware”、倉庫スペースのシェアリング事業”WareX”を展開していく。“Roboware”: AGV(自動搬送機)や自動仕分け機などの倉庫ロボットを利用できるサブスクリプションサービス。手間やコスト面がハードルになりがちなロボット導入・運営を月額課金制でトータルに提供。すでに全国14拠点で導入されている。

<RobowareとWareX>
20220701prologis1 520x161 - プロロジス/倉庫DXサービスのGaussyと資本業務提携

“WareX”: ケースやパレット単位からでも荷物を寄託可能な倉庫シェアリングサービス。従量課金型のため、季節波動によるスペース不足などに柔軟に対応可能。全国1,000以上の拠点が登録されている。

物流業界にとって、物流現場の人手不足や属人化が長らく課題となっており、プロロジスの物流施設に入居するカスタマーに急務となっている。Gaussy の提供するサービスは物流現場の手間やコストを削減しながらこれらの課題解決をサポートする事業であることから、プロロジスのカスタマーや物流業界全
体が抱える課題解決につながると判断し、出資を決定したもの。

プロロジスは、これまでにも、カスタマーサービス向上および業界課題への挑戦を目的に、コンサルティングサービスや、DX による物流効率化支援などのソリューションを提供してきた。また、米国本社においても、物流 DX を加速させるスタートアップ企業に投資する”Prologis Ventures”や、最新の物流関連テクノロジーの試験運用が可能な”Prologis Labs”を通して、顧客体験の向上に努めている。

なお、これまでプロロジスのソリューション提供(国内事例)では、物流オペレーション効率化で「ロジメーター」、人材雇用支援で「Timee」、季節波動に応じた物流スペース調整支援で「プロロジス・フレックススペース」、ラストワンマイル配送支援で「ウィルポート」、待機車両削減・入出庫作業効率化支援で「MOVO Berth」、包括的ソリューション提供で「プロロジスのコンサルティングサービス」と提携を結んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース