LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ANAHDほか/鹿児島県で食料・日用品ドローン配送実証へ

2022年07月15日/IT・機器

ANAHDは7月15日、鹿児島県瀬戸内町と森建設、石川エナジーリサーチ(IER)、エアリアルワークス、双日九州と、新たなコンソーシアム「ID(いつでもどこでも)プロジェクト」を組み、ドローン配送の実証事業を行うと発表した。

同プロジェクトは、鹿児島県の「鹿児島県地域課題解決型ドローン実証実験」に、2022年6月8日付けで採択された。

<「鹿児島県地域課題解決型ドローン実証実験」を開始 >
20220715ANAHD1 520x335 - ANAHDほか/鹿児島県で食料・日用品ドローン配送実証へ

20220715ANAHD2 520x334 - ANAHDほか/鹿児島県で食料・日用品ドローン配送実証へ

同実証事業では、鹿児島県瀬戸内町、加計呂麻島・請島・与路島が抱える、高齢化による小売店の需要減少と担い手の不足や、台風等で海上交通が止まることで物流サービスが滞る課題を解決するため、食料品・日用品のドローン配送を行う。

今年度の秋頃に配送実験を行い、ドローン配送の有用性を確認し、配送手段の一つとしての食料品・日用品のドローン配送の確立を目指す。

同コンソーシアムは鹿児島ドローンネットワーク推進協議会が主体となり、地元の課題解決を目標に新たな産業として、ドローン物流事業の社会実装を目指す。運航は複数運航事業者(ANAHDとIER)による異種複数機材の飛行を計画しており、安全かつ効率的な事業者間の連携を検討していく。

また、ANAHD独自開発システムを活用した東京~瀬戸内町の遠隔運航による配送の自動化、AI自動監視カメラによるドローンポートの無人共同リリース化、そして、IERが提供する機体(ハイブリッドフライヤー)による長距離飛行による配送エリア拡大に向けた取組み等、将来のサービス化を見据えた新たな課題の洗い出しを同実証実験を通して行う。

各社の主な役割は、森建設が全体管理・調整、瀬戸内町が地元調整。ANAHDは事業運営支援、ドローンの遠隔運航を実施する。このほか、双日九州はドローンポートAI自動監視カメラの設置・調整・配信、エアリアルワークスは映像コンテンツ制作、IERはドローンの遠隔運航、機体提供をそれぞれ担当する。

なお、ANAHDでは、航空機の安全運航に関する知見を活かし、ドローンオペレーターとして、福岡市や五島市にて無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)による実証実験を行う等、今年内のレベル4解禁を目処としたドローン配送サービス事業化に向け、継続して検証を実施している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース